恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

娘の妊娠中から現在までの育児模様と兄になった息子の成長をアラサーのナオさんが雑記もはさみつつゆる〜く綴るブログです。

おぱんつのゴムと自分の下っ腹の豊満さにダメージを受けたはなし 〜痩せたり太ったりした産後5ヶ月間〜

気づいたら産後5ヶ月を迎えました...

自動的に娘も生後5ヶ月です。

早いですね...

もう5ヶ月ですよ。

現在の娘ですが、高い高いや いないいないばあをするとよく笑うようになり、あやす時のハードルがぐんと下がりました。

アレですよね、渾身のばあ を披露したときに「なにか?」みたいな真顔をされると「あっ...なんかすみません」みたいになるじゃないですか。

最近は目があっただけでもかなりの確率でエンジェルスマイルをいただけるのでかなりモチベーションが上がります。

彼女はたかいたかいの降りる方が楽しいらしく、主に降りるときにキャッキャ笑っています。

ジェットコースターもいける口ですね。

 

ジェットコースターといえば、数年前にパパと遊びに行ったディズニーのホーンテッドマンションが恐ろしすぎてあの日から私もパパも絶叫系は本気でNGなのですが、年頃になった息子や娘が絶叫系に乗りたいと言いだしたらパパと本気のドラガオじゃんけんをして子どもたちのお供をする方を決めたいと思っています。

ホーンテッドマンション、想像以上の内臓の揺さぶらせぶりにリアルに青白くなりました。

怖かった...。

夢の国のアトラクションとは思えない攻撃力でした。

...あれ、なんのはなしだっけ。

そうそう、娘の近況!

最近は「うきゃー」「あうあう」等言葉の種類も増え感情の表現も豊かになり、もうすぐ寝がえりも出来そうだなぁ...という感じなのですが、防寒のため通常装備で着せているベストやレッグウォーマーやちょいがけの毛布などが邪魔らしく、お風呂上がりの身軽な状態になると俄然やる気が出るようで日々「せいっ!」と鍛錬している様子であります。

出来れば、初寝がえりの瞬間は見てみたいな〜という母心です。

 

そういえば産後3ヶ月ちょいくらいで、産前のズボンが履けるようになりました

ブログを書こうとするたびに言おう言おうと思っていたのですが、産後3ヶ月過ぎくらいに産前のズボンが履けるようになってました。

確か、例の産後ガードルを履いて1ヶ月くらい経った頃だったと思います。

※ワコールさんのシェイプマミーガードルという産後ガードルを使っています。

最初は70センチのサイズを購入しましたが、2ヶ月くらいで緩くなってきたので今は一つ下の64センチを着用中です。

いやー、薄着になるとガードルなしには語れませんね。

下っ腹の補正があるのとないのではシルエットがかなり違います。

ちなみに、今回64センチの方は『シェイプマミーガードル ルアノーレ』というちょっとだけグレードが高いタイプを購入してみました。

通常より3000円くらい高いのですが、補正効果は確かに通常版よりガッチリしています。

違いを調べてみたら、『マジックシート付近が通常より身体に沿うように作られている』とのことで、シルエットに自信アリなタイプらしいのですが今の所その辺りの違いはよく分かりません。

が、補正効果は力強さを感じます。

...正直申し上げると通常版も充分な補正力があるので、あとは自身のガードル耐性や好みで決めると良いかと思います。

ルアノーレのホールド力はかなりしっかりしているので、ガードルに慣れていないとかなり苦しく感じると思います。

でも、私は補正効果を直球で感じられるので嫌いじゃないです。

夏が来るまでは着用し続けてみたいと思います。

...くびれが欲しい、くびれが。

 

おぱんつのウエストゴムの、地味だけど確実な攻撃力について

そうそう、妊娠中ってなるべく身体を絞めつけずに過ごすじゃないですか。

産後に通常の生活に戻ると「え! こんなだったっけ!?」って驚くことって結構ありますよね。

私が一番驚いたのは今まで履いていたはずのおぱんつのウエストゴムの苦しさですよ。

産後ガードルはまぁ体型戻しの補正なので特別ですけど、お恥ずかしながらわたくし、余計な締めつけがイヤで最近まで妊婦さん用のウエストに余裕のある大きなぱんつを愛用しておりました。

ですが御察しの通り、体型も随分戻ってきた現在に着用する大きなぱんつのシルエットは新生児が大きなオムツをしているようにも見え、おまけにちゃかちゃか忙しそうに動いている自分の後ろ姿が鏡に映ると「働きアリそっくりだなー」と思うことも増えてきたものですから、「産後随分経つしそろそろいつものぱんつに戻そう...」と一年ぶりくらいに通常ぱんつを着用したところ確実にウエストゴムにHPを削られている...というそんな近況です。

妊婦用ぱんつでは感じることのなかったウエストゴムの存在...

今までは締めつけが最小限だったので楽チンでした。

...ですがこの締め付けを感じる原因、私も薄々感づいているのです。

必要以上に主張されるウエストゴムの周りには、産後のお土産のフワフワお肉があります。

最近、改めて見てハッとしました。

下っ腹に残された、2キロくらいのお肉の豊満さ...

最近、また2ヶ月くらい体重計に乗っていませんでした。

余裕で2キロ増えていました。

...また、身体に優しいダイエットを始めたいと思います。

 

ウエストゴムの存在を感じなくなるくらいのくびれが欲しい。(真顔)

腹筋しよう...