恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

娘の妊娠中から現在までの育児模様と兄になった息子の成長をアラサーのナオさんが雑記もはさみつつゆる〜く綴るブログです。

スーパーヒーロータイムはキャプテンマーベラスさんと駄菓子屋のマダムに釘付けだったはなし 〜テンションが上がるとウザさが割増する自分に気づいた衝撃〜

今週から始まるスーパー戦隊のお祭り、天下一武道会(仮)1週目です!!

もーーーね!

テンション上がるだろうなぁとは思っていたのですが、いざ見てみたら予想以上に「オラ、ワクワクしてきたぞ」でした。

...時空を超えて、悟空と分かり合えた気がします。

まぁ私は出演側ではなく、完全に外野なのですが。

そしてスーパー戦隊があんなに出てくるなんてすごく豪華ですね!

歴代レッドがパラパラマンガ的にぶわーっと出てくる駆け足での紹介は「赤だけでこんなに...!」と圧巻でした。

チラ見で判別出来たジュウレンジャーとダイレンジャーのレッドに、年甲斐もなくキャッキャしてしまいましたよ。

30代女性の黄色い声です。

パパのゲンナリ顔が浮かぶようでしょう?

 

あ、そうそう、先週から楽しみにしていた初見のキャプテンマーベラスさんですが、メインメンバーみたいなポジジョンでありつつ、キャラがほとんどベジータさんみたいだったので驚きました。

なんとなく『マーベラス』という語感のイメージで、『女性の誕生日には歳の数だけのバラの花束をキザな言葉を添えて送る』みたいな、絵に描いたようなバブリーなイケイケキャラを想像していたので、あまりにも真逆なマーベラスぶりにギャフンとなりました。

お前の中のマーベラスってそもそも何なの? ともう一人の私が冷静にツッこむくらい、あまりにかけ離れたキャプテンマーベラスだったので今回正解を見られて良かったなぁと思います。

今回だけでなく毎回そうなのですが、私が言葉の響きだけで浮かべたイメージってビックリするくらい当たらないので今回も安定の大ハズレでした。

そしてこのマーベラスさんが今回の物語の鍵を握っているようで、来週も目が離せない存在です。

 

あと先週から気になっていた青いオオカミさんですが、あれはデカレンジャーのキャラだったんですね。

しかも犬!

そして先週から密かに「あのオオカミさんは変身後の姿なのではないか?」と思っていたのですが、普通に犬人間から見慣れた感じの戦隊チェンジをなさったのでマジでビックリしました。

「チェンジ後も耳は外せないよね」という感じで、お耳がピョコンとした見慣れない頭部に動揺しつつ、見た目は歌って奏でるオオカミのマンウィズミッションさんが戦隊ヒーローデビューしたみたいに見えるのでちょっとお得な気分になりました。

それにしても、本当に予想が当たらない...。

 

そしてやっぱりパトレン1号。

朝加圭一郎。

彼が出てくるとテンションが上がります。

今回も正直「よっしゃ!」と思いました。

そしてシリーズが最終回を迎えたことを忘れてしまうくらい、毎週お馴染み安定の濁音絶叫にホッと一安心ですよ。

あと、イメージ通りな『上下関係しっかりしてるぶり』にキュンとしてしまいました。

「失礼しますッ!」といって攻撃とかちょう可愛いですよね。

先輩レッドたちをキョロキョロ見ている様子とか、いちいちなんかこう...可愛いんだよなー!

圭一郎...お前が好きや。(真顔)

 

そして半年共に歩んできたよしみか、たくさんのレッドさんの中でもパトレン1号が一番洗練されたレッドみたいに見えます。

圭一郎の衣装も、歴代レッドさんの中で一番かっこいいような気がするのですがそれは毎週見ていたからなのでしょうか...。

ちなみに変身ポーズは、ゴーオンレッドさんもちょうかっこいいと思いました。

かっこいい...。

改めて、『戦隊のかっこいい変身の動きを考える』って本当に尊いお仕事だなぁ...と思いました。

そして私はこんな感じで4週もワクワクし続けるのか...

むしろありがたいスケジュールですね。

今回圭一郎が出てきたので、密かに魁利くんの登場も楽しみにしておくことにします。

...うん、すっげぇワクワクすっぞ。

 

今回の仮面ライダージオウ、『駄菓子屋のマダムのアクションが素晴らしすぎて全部持っていかれる』という問題

そして後半戦の仮面ライダージオウですが、「本編関係ないのかよ」っていうツッコミが聞こえてきそうですけれども、今回のハイライトは何と言ってもこれでした。
あの駄菓子屋のマダムのキレのある動き!
ハイライトが主題歌の前に来ているのも問題ですが、序盤から持っていかれてしまいました。
マダムの登場時にはパパと二人で、「駄菓子屋のおばちゃんってもっと、おばあちゃん! って感じだったよね」とか「この駄菓子屋のおばちゃんは若い」とかやいのやいの言っていたのですが、あのソウゴくんに襲いかかってくるマダムのアクションを見て一気に目が釘付けになりました。

おばちゃんって、あんなに高く足上がるの...!?

すごいですよね、あのキレのある動き。
早回ししてるにしてもすごいですよ。
私もパパも、実家の母はこのマダムと同年代くらいなものですから、自分の母親がこのキレのある動きをしているかと思うと余計に驚愕です。
ねぇ? 普通のマダムはあんなに足上がらないですよね...?
私だって自信ないわあんなキレイな回し蹴り。


...とまぁそんな感じだったので、
「あのおばちゃんは一体何者なんだ」
「多分若いときはアクション女優だったに違いない」
「むしろ現役なんじゃないか」
等、前回のウォズの太鼓持ちぶりを讃える時くらいの感じで、息子を尻目に夫婦でマダムの動きを讃えました。

それと「本当のおばあちゃんだとあんな動き出来ないから若めのマダムだったんだね」と妙に納得しました。
いや、それにしてもちょっとしたアクションの練習とかであんなに動けるようになるのかしら...
誰か正解を教えてください。

あ、余談ですが前回の太鼓持ちウォズはパパも意外と気に入っていた様子で、「一度はウォズに太鼓を持たれてみたい」と言いながらYouTubeの映像を見てご満悦な様子でした。
やっぱり「存分に戦われよ」がお気に入りな様子。
このセリフを言わせた脚本の人は天才なんだと思います。

ウォズの太鼓持ち第二弾をとても楽しみにしている我が家です。