恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

娘の妊娠中から現在までの育児模様と兄になった息子の成長をアラサーのナオさんが雑記もはさみつつゆる〜く綴るブログです。

セブンプレミアムのコクにこだわった牛乳寒天が美味し過ぎたので、自分でも牛乳寒天を作ってみました。

人気ですよね。

セブンプレミアムの『コクにこだわった牛乳寒天』

我が家でもモチロン人気です。

 

特に息子からの支持がアツく、初めて半分こしてあげたのが昼食後だったので、その日の昼食後から割と高い確率で「プルプル (※牛乳寒天) は?」と聞いてくるようになりました。

まぁ、大体は家に無いことが多いんですけど...。

でも、たまたま行ったスーパーで「今日は牛乳寒天買ってあげよう」と思って探したら、そんな時に限ってどこにも置いていないんですよ。

セブンプレミアムを扱っているスーパーなので絶対あると思ったのですが見当たらず、丁度牛乳もたくさん買い置きがあったのでいっちょ自分で作ってみることにしました。

 

で、寒天の箱に書いてあったレシピを参考に、お鍋に粉寒天4グラムと水200ccを煮溶かし、そこへ砂糖40グラムを混ぜて更に煮溶かしたら火を止めて、常温の牛乳400ccをゆっくりいれてよーく混ぜる、というふんわりしたレシピで作ってみたのですが意外と美味しく出来ました。

良かった...!

 

寒天4グラムに対して水は500cc推奨だったので、ちょっと柔らかめがいいなーと牛乳を増やしてみたのですが、あと100ccくらい増やしても良いかもしれない。

今度作るときはそれで行こう。

あと砂糖は甘さ控えめのつもりで入れたのですが、これでもちゃんと甘かったです。

私はこれくらいか、もう少し少なくても良かったかなぁという感じですが、牛乳寒天ってちゃんと甘味があった方が美味しいですよね。

でも、控えめに作って黒蜜をかけたりシロップをかけても美味しいかもしれない...

夢は広がりますね。

 

コクにこだわった牛乳寒天のようなプルプル感はありませんが、懐かしい味がして美味しかったです。

息子も、基準がセブンプレミアムの牛乳寒天なるのでチェックが厳しいかと思いきや、普通にプルプルっていって食べてたのでホッとしました。

単純でよかった...。

 

ちょこちょこ牛乳寒天を作ることで、ノーマル寒天に黒蜜をかけて食べるのにハマっていたときに買い置きをした粉寒天が消費出来るかと思うと、ホッと荷が下りた私でした。

赤ちゃんが出てくる前に使い切りたいと思います。